お墓参り,運気アップ,効果

成功哲学や、好転を招くための心理学などについて学んでいると、成功する人ほど先祖や両親に対して感謝を忘れない、というポイントが強調されています。
 
ご先祖さまを供養する=自分の命への感謝につながる
 
ということで、感謝や「おかげさま」の思いは開運の火付け役ですから、「生きていること、私の命に感謝」という最高の感謝を示す機会が、お墓参りなのですね。
 
お墓参りで運気が上がる効果にも恵まれる人の特徴について見ていきましょう。
 

先祖へ感謝を表すお墓参りで運気アップする人の特徴

 
「長期的な成功者は皆、信仰する神の存在や自然界に畏怖の念の対象を持っている」(千田琢哉氏)
 
自分だけの力で生きているのではない、と謙虚に感謝する思いを持てる人ほど長期的に成功しやすい理由として、恩恵をたくさん受け取っていることを感じているので、
 
自分も、周りに貢献しよう
 
というエネルギーが働きやすいことが挙げられます。反対に、
 
-不足・不満が心に溢れている状態
-幸せな人生を過ごすチャンスを「受け取っている」と感じられないマインド
 
で過ごしていると感謝の思いも持ちにくく、「出し惜しみ」の傾向が増大。なぜなら、「自分は受け取っていない・自分の持っているものも出したくない」という意識が働き(無意識下だとしても)、
 
自分の持ち味や才能を発揮して活躍する機会も見逃してしまいます。
 
不足・不満 → 出し惜しむことで活躍のチャンス掴めず → 更なる不満が溜まり不快なエネルギーが滲み出て、負のスパイラルに
 
◆ 何も受け取っていない、という思い込みは運気ダウンを招く
 
◆ 生きていること、まず「命に感謝」と、心を謙虚に整える良い機会=お墓参り
 
おかげさま、という穏やかな思いになれたら、既に受け取っている多くの恩恵に気づくことができ、感謝と恩恵の好循環がまわって行くのですね☆
 

開運の前の好転反応とは

 
お墓参りやお祓いなど目には見えない霊的なエネルギーを清めるような行いの後、一時的に身辺のトラブルが際立って見え、
 
「どうしたんだろう」
 
と心配になる場合があります。
 
病気や不調が治癒して行くプロセスのなかで、一見「悪化」に見える反応が一時的に出てくることを「好転反応」といいますが、内面の変化・成長が進行しているときにも、
 
人生が好転する手前で過去のマイナス要素が一旦大きく表出してくる
 
といった現象が見られる例は多く、前向きな好転のために必要な浄化のプロセスなのだと理解できます。
 
※気持ちがマイナスに傾いて辛いときのヒントに

 

運気も上がる効果に恵まれる・お墓参りのポイント

 
ここでは、幸運を招くお墓参りのワンポイントアドバイスです。
 

縁起が良いとされるお供えもの

 
お墓参りのお供えものといえば、お香とお花が思い浮かびます。
 
お香は場を浄化し、お花は、ご先祖さまの供養の意味とともに、お参りする人の心を穏やかに整える意味もあるということ。
 
また、厳しい自然のなかでも美しく咲き、やがて枯れて行く花の姿に、人生の縮図を見るともいわれています。
 
お菓子などの食べ物をお供えするときには、直接置くのではなく、和紙などに乗せましょう。
 
また、お酒好きだった故人のために墓石にかけてあげる、という場面も見かけますが、墓石が痛むことがあるので注意が必要だということですよ。
 

縁起が良いとされる食事

 
お墓参りの後に食事をするなら、麺類が良いという話もあります。
 
長~い麺で、ご先祖さまと、良いご縁を繋ぐイメージなのですね。
 
その食事のときも、その人たちがいなければ自分は生まれるチャンスがなかった、つまり存在できていなかったことを思い、
 
両親そして、ご先祖さまに対する感謝の思い・命の尊さへの意識を新たにする姿勢が大切です。
 

お墓参りで運気もアップする秘訣・おわりに

 
ご先祖さまを供養する=自分の命への感謝に、つながるのですね。お墓参りのときには、ご先祖さまへの感謝とともに、あなたご自身が、
 
生きていることに「ありがとう」
 
という感謝の思いを新たにしつつ、目を瞑り手を合わせてみてはいかがでしょうか。
 
お墓参りの後に食事をする際にも、自分に与えられている「命」への感謝を、ぜひ改めて感じてみましょう。
 
なんて多くの「命」に支えられて、自分は存在できているのだろう…!と。
 
その思いを大切に過ごしていたら、嬉しい展開が待っているはずです…☆
 
 
今日も、ありがとうございます。
それでは、また ( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡
 

おすすめ記事