環境の変化,疲れた,ストレス

新年度に切り替わる季節や、転勤・異動の時期などは、環境や人間関係に大きな変化がある人も多いですよね。
 
初めてのことや慣れない体験が増えると、どうしても緊張やストレスが伴いますから、後になってドッと疲れを感じることもあるはず。
 
そこで今回は、疲れがちな心の元気を底上げしてくれる言葉たちをピックアップしてご紹介いたします。
 

疲れた心が楽になる名言集


 
それでは、心の元気回復におすすめな名言をチェックしていきましょう。
 

闘おうとする必要はない

 

思考は、闘ったり


コントロールすべきものではない。


注意深く観察していれば


だいじょうぶ。


 
こちらは、Swami Muktananda 氏の言葉に感銘を受け、日本語にしてみました。
 
英語では以下になります。
 
「Your goal is not to battle with the mind, but to witness the mind.」   (Swami Muktananda)
 
 
ストレスを感じると、どうしても自分を追い詰める思考に偏ってしまいがちですが、力が入るほど疲れてしまうもの。
 
闘おうとするかわりに観察してみることで、有効な対策が見えてくるのだと気づかせてくれる言葉です。
 

良い人間関係は人生の宝

 

友情とは何か? 説明するのは


極めて難しいこと。でも、


友情を知らない人生なんて、


何ひとつ学んでいないに等しい。


 
こちらは、Muhammad Ali氏の言葉を日本語にしてみました。
 
英語の原文は以下になります。
 
Friendship is the hardest thing in the world to explain. It’s not something you learn in school. But if you haven’t learned the meaning of friendship, you really haven’t learned anything. (Muhammad Ali)

 

間違いがコワいという思い込みをはずす


 

間違うことへの恐怖心をふき飛ばしたら、


よりクリエイティブに生きることができる


 
間違わないこと、はみ出さないことを最優先にしていると、見えるのは想定内の景色だけ。
 
もし間違えてもリカバーできる自分を信じてあげることで、もっと想定外の素晴らしいものが見えてくるのかも…と、心に元気の火が灯る言葉です。
 
(出典は不明なのですが、英文で出あって心に残った言葉を日本語訳にアレンジしました。)
 

未来は自分で創る意識を持ってみる


 

予測可能な未来を求めるなら、


最も簡単な方法は


それを自分で創造することだ


 
こちらは、歴史に残る元アメリカ大統領・Abraham Lincoln 氏の言葉に感銘を受け、日本語にしてみました。
 
「The best way to predict the future is to create it.」
 
(Abraham Lincoln)
 
 
変化に不安を感じるときには、周囲がどう変わったとしても、自分の人生のハンドルを握っているのは「自分」だ!
 
という意識を強く持ってみることも有効です。
 
 
たとえば、笑顔であいさつしたのに相手の反応が薄いと感じるきなどは、心乱れてしまうこともありますが、
 
相手の態度=相手のテリトリー。 自分にはコントロールできない範囲のことですから、その状況で自分にできる最善のことは  

「自分の気分を整えること」
 
相手の態度に関わらず、気分を整えることができる自分自身のイメージが心になじむと、これから起きる周囲の変化には心乱されない未来を自分で創造できそうです。
 
そんなふうに、自分のハンドル操作しだいで未来は自分で創れるのだというインスピレーションを与えてくれる言葉ではないでしょうか。
 

おわりに


 
今回は、環境の変化で疲れを感じている心に元気とインスピレーションを与えてくれる名言をピックアップしてお届けいたしました。
 
少しでもお役に立ちましたら幸いです。
 

おすすめ記事