【感謝のメッセージ例文】好印象を与える・相手の印象に残る言葉

体調管理のため対面のコミュニケーションが制限されるなか、ラインやメールなどでメッセージをやり取りする機会が増えているのではないでしょうか。
 
直接会えなくて、表情を繊細に読み取りにくい状況だからこそ、気持が伝わる言葉を使うことが大切になりますね☆
 
以下、「ありがとう」の気持ちを言葉で伝えたいとき使える、素敵な感謝のメッセージ例文集を紹介します。
 

仕事などでお世話になった人に感謝を伝える

 

ややフォーマルな例文

 
『力になってくださって、本当にありがとうございました。』
 
 
『○○さんがいなければ、やり遂げることができませんでした!』
 
 
『○○さんと一緒に仕事ができることが、私にとって本当に喜びです。』
 
 
『良いお手本を示してくださって、ありがとうございます。』
 
 
『○○さんの行動に、とても刺激を受けています。
良いお手本を示してくださって、ありがとうございます。』
 
 
『貴重なアドバイスをくださったこと、とても感謝しています。』
 
 
『大切な時間を割いてくださって、本当にありがとうございました。』
 

カジュアルな例文

 
『○○さんの優しい言葉で、心が温かくなりました。』
 
 
『○○さんは、私が本当に困り果てていたタイミングで助けてくれました。』
 
 
『私の担当なのに、すごく親身になってくださって、泣きそうに嬉しかったです。』
 
 
『私に足りないスキルを、○○さんの達人技が救ってくれました。』
 
 
『あの神業、○○さんは天才だと思います。本当にありがとうございました!』
 
 
『○○さんは私の憧れです。私も△△のスキルを磨こうと心に決めました。』
 
 
『○○さんへの感謝の気持ちは、大きすぎて言葉にできません!』
 

メッセージを伝えるときのポイント

 
感謝の気持ちを伝えたい相手が、あなたにとって、
 
どんなに素晴らしい影響をもたらしてくれたのか  
それを言葉に表し、「ありがとう」にプラスして伝えるのがポイントです。
 
「違いをもたらす存在になろう」といった、偉人・賢人の名言メッセージに心動かされる人は多いもの。
 
自分が関わったことで、より良い変化を生み出す力になれたら幸せだな、と感じるのは誰もに共通する思いでしょう。
 
ですから、
 
「○○さんのお力添えが、大きな違いを生みました」
 
「○○さんのおかげで期日に間に合うことができました」
 
「○○さんのアドバイスがあったから、トラブルを未然に防ぐことができました」
 
そのように、相手がしてくれたことのポジティブな影響について具体的に伝えてください。
 
あなたの感謝の気持ちが、より一層よく伝わるメッセージになります♪
 

おすすめ記事