小学生の反抗期,疲れた,何もしてあげたくない

子供の成長段階が進むとともに、「かわいい」だけではない、「反抗期⁈ 扱いにくいな~」という場面も増えてきますよね。
 
今回は、反抗期の子供に嫌気がさしたとき、「何もしてあげたくない」と投げ出したい気分になるときに役立つアイデアの話題です。
 

小学生が扱いにくいとき:低学年の中間反抗期と高学年の前思春期

 

中間反抗期の特徴

 
中間反抗期といわれる小学校低学年頃は、身体の成長・体力などに加えて、理論立てて考える力も伸びていく時期にあたります。
 
もっと幼少のイヤイヤ期では、泣いたりわめいたりする自己主張だったのに対し、中間反抗期の頃の子は、自分で「わかる」「動ける」
 
そして、言葉で主張する能力も育っているので、大人に対して口答えが目立つようになる子も少なくありません。
 

前思春期の特徴

 
前思春期は、「10歳の壁」などと表現されるように、高学年へ向かう子供の自立心が強化されているサイン。
 
それとともに、身体的な発育・ホルモンバランスの変化ともかかわり、自分の内のアンバランスさに子供自身、体験したことのない戸惑いを抱えています。 
 
周りと自分を比べて自信を失ったり、いわゆる「ちょっと悪い」交友関係に憧れて問題行動が増えるといった状況がみられやすい時期になります。
 

反抗期の子供を嫌いになりそうな時の心理

 
子育てママだって、家庭の主婦だけではない自分の世界があり、すべて順調ではない状況・「いっぱいいっぱい」なときもあって当然。
 
家のこと・外のこと… ぐったり疲れたタイミングで、理不尽に反抗的な子供と向き合わなければならないときは、
 
「もう、いいかげんにして!」と、投げ出したい気分もあるかもしれません。そんなときの具体策について、みていきましょう。
 

激しい怒りや悲しみ・子供を見て感情が乱れる理由

 
言語を使いこなす能力が未熟な子供時代に強い感情を覚えた出来事は、体験の記憶として心の深いところに残ります。
 
大人になっても母親になってからも、子供の頃の思い出は消えずにあって、特に、
 
嫌だった・不快だった体験
 
に関しては、同じ状況を避けて身を守ろうとする本能の働きによって、より強いインパクトをもって記憶に刻まれています。
 
つまり、子供時代に嫌だった・傷ついた体験は、表面的な意識では忘れていても、
 
「同じ傷を負わないように」と安全を守りたい本能によって、記憶の深いところには消えずに刻まれているということ。
 
そして、子育てのなかでは、心の奥深くに眠る「傷」に関わる記憶が刺激されることが少なくありません。
 
それは母子の関係が密接だからこそ、母親が自分でも気づかないまま抱えている未解決の深い悩みについて、子供が気づかせてくれているとも解釈できるでしょう。
 

効果的な対処法・具体策

 
「子供は呼び鈴(チャイム)を押しただけ。どのように応答するかは、完全に私の選択しだい」
 
この言葉は、子育てのなかで感情のコントロールを失いそうなとき、いつも私の心強い味方になってくれる呪文です。
 
どういう意味かというと・・・
 
自宅の玄関のチャイムが鳴ったときを、想像してみてください。
 
今の時代、「ピンポーン」と呼び鈴が鳴って、いきなりドアを開けることは無いのではないでしょうか。
 
どんな相手か、どのような要件で来た人なのか
 
応答する前にインターホンなどで確認したうえで、ドアを開けて対応するか、場合によっては応答しない・帰ってもらう等、自分の態度を決めますよね。
 
反抗的な子供の言動は、不意に「ピンポーン」とチャイムが鳴ったときだと考えます。
 
ママの望むタイミングや、やり方ではなかったかもしれないけれど、子供は、子供のタイミングで呼び鈴を押しただけ。
 
それに対して、怒る・悲しむ・怒鳴る… のは必然じゃなく、
 
呼び鈴を押されても、どのように応答するかは完全に私の選択しだい
 
です。ぜひ、声に出して言ってみてください。
 
呼び鈴を押されても、どのように応答するかは完全に私の選択しだい
 
子供の言動に不快感を覚えたときは、その嫌な感情が大きくなる前に、ご自分に合ったクールダウンのための行動を選んでください。
 
いったん一人で外に出る・別の部屋に行く・お風呂やトイレに入る・深呼吸する・体を動かす… などなど。
 
気分を切り替えることは、何度か実行して慣れるほど、感情が穏やかに落ち着くのがスムーズになります。
 

小学生の子供の反抗期に疲れて投げ出したくなるとき・おわりに

 
今回は、「もう、子供に何もしてあげたくない…」という気分になっても無理はない理不尽な反抗期への対策についてでした。
 
「子供は呼び鈴(チャイム)を押しただけ。どのように応答するかは、完全に私の選択しだい」
 
この考え方に慣れると、子育て以外の人間関係や、あらゆる出来事に対しても同じように思えることに気づき、日常のストレスが軽くなるので大変おすすめです♪
 

おすすめ記事