子供,習い事,嫌がる,辞める

子供を習い事に通わせ始めて、上達を楽しみにしている親心とは裏腹に、子供がお稽古「行くの嫌」なんて言い出したら?
 
子供にやる気がないのに続けても無駄かも。と思う一方、ちょと嫌なら逃げるという「逃げグセ」をつけさせるのも良くないのでは、と考えたり… 悩ましいところですね!
 
今回は、子供の習い事のやめ時を見極めたママの例と、続けさせて良かった例についてご紹介します。
 

習い事を嫌がる子供のお稽古「辞め時」の決め手は?

 

練習を全くしなくなった時、通いたがらなくなった時

 
子供がお稽古に行くのを嫌がるときにはまず、その習い事は「子供が、やりたい事なのか」または「親が、やらせたい事なのか」というポイントを見つめ直すことが大切。
 
子供が小さいうちに、親が「習わせたい」という思いで始めさせた習い事を、小学校以降で子供が「やめたい」と言い出すこともあるでしょう。
 
その場合、そのまま無理に続けても「親のために義務で続けている」「親をがっかりさせないために辞めないでいる」かたちになり、子供のためになるお稽古にはなりにくいもの。
 
その習い事に対して子供が、興味ない・上達の見込みもないと見極めたときには、
 
いったん離れてみる。少し時間が経過して、改めて子供のほうから興味を示すことがあれば、再チャレンジする
 
という選択肢もあります。
 
現実的なことを考えると、退会・入会の手続きや費用面など、親としては何かと面倒なこともありますが… 
 
長い目で見たら「大人都合で無理に続けさせること」よりも、次の習い事は子供自身の気持ちを確認したうえでスタートし、
 
「自分で決めたことを、頑張り続ける体験」
 
を選ばせたほうが、子供の将来に活きることは間違いないでしょう☆
 

先生と合わない・運営のしかたに納得できない時

 
この内容で、そのお月謝?とか、先生に誠意が感じられない等、「続けるだけお金の無駄かも」と感じてしまったため、習い事を「すぐ辞める」という決断をしたというケースも。
 
習い事の運営側の証言では、「親が見ている場面と見ていない場面で、教室の様子は(だいぶ)違う」という場合も少なくないということ。
 
子供にやる気がないわけではないのに、指導者への不信感がぬぐえないほど上達が見られない、といった場合には、お教室や先生を変えてみる、という選択肢もありかもしれません。
 

習い事を嫌がる子供を励まして続けた例

 
習い事が嫌になった子供の気持ちが後になって変化したケースについてです。
 
◆ 水泳を嫌がる子に「25メートル泳げるようになったら終わりでいいよ」と約束すると、泳げるように子供がすごく頑張って、結局どんどん上達。大きくなっても趣味・特技=水泳になって、「人生の財産になったと思う」という人がいました
 
◆ 子供が書道のお稽古に行くのを嫌だと言い出したけれど、続けるうちに段も上がり自信がついた。今となっては、「あの時やめなくて良かった」と子供が自分で言っている、という人がいました
 
・・・
 
子供が習い事を「嫌だ」と言い出したとき、子供の言葉だけで判断するのではなく、
 
「本当に、やめ時なのか」
 
子供の全体をよく観察して見極めることも大切なのですね。
 
もし、ある程度大きくなってから子供が自分で「やってみたい」と言い出して始めた習い事の場合は特に、辞め時の見極めは少し時間をかけて慎重になる必要があります。
 
やりたい!と感じて自分の決意で始めたけれど、途中でやめたくなった
 
という経緯や気持ちの変化について、曖昧にせず親子で振り返ることも、子供の責任感を育てるうえで大切なプロセスになるでしょう。
 

子供が習い事をやめたがる時のNG対応を回避!

 
続けてきた習い事を途中でやめる、というのは、どちらかというとマイナス印象の出来事かもしれません。
 
とはいえ、もし子供の習い事をやめるという決断をした場合も、まるで子供が悪いことをしたかのように責められたり、委縮するようなかたちは避けたいところ。
 
「お稽古をやめる=子供の失敗・挫折体験」というイメージが残ると、その子の自信や自己肯定感が低下してしまいます。
 
そうなると、次の新しい挑戦に対しても「頑張ってみよう」という意欲が育ちにくくなりますから、習い事をやめる決断をした際には親としても、子供のその後にプラスになる対応を心がけたいですね!
 
「せっかく続けてきたのに」「もう少し、目に見えるくらい上達すると思ってたのに」
 
なんて心残りも、親としてはあるかもしれませんが
・・・
 
◆ 嫌なりに、今まで頑張ってきた
 
◆ 嫌々過ごしていた習い事の時間を、あなたのためになる、更に有効なことに使おうね
 
など、子供が今まで頑張ったことに関して認める・褒める言葉がけで、習い事をやめるという体験も、ご家族にとって前向きな仕切り直しのチャンスになると良いですね
( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡
 

おすすめ記事