仕事の成功と人間関係好転のためのアファメーション例文と音源

私たちが人生でじゅうぶんに受け取ることができるのは、「自分がそれに値する」と信じられるものだけです。人生で重要な、仕事や人間関係の好転を招くためには、
 
自分自身に対する潜在意識下の思い込みを、より肯定的に書き換えるアファメーションの習慣が大変有益です。今回は聞き流して眠れる音声動画を紹介。
 
アファメーションで人生が変わる理由と、効果的な実践法についても見ていきましょう。
 

仕事の成功と人間関係好転のアファメーション例文・音声動画

 


 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

私は、自分の大好きな仕事で

周りの人々を豊かにしていると実感し、

 

満ち溢れるエネルギーを

日々感じています。

 

私はいつも協力的な

周囲の人々に感謝しています。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

アファメーションの効果的な実践のためのポイント

 

アファメーションで人生が変わる理由

 
「アファメーション=肯定的な自己宣言。ポジティブな言葉を自分に語りかけ、行動及び人生に望ましい変化を起こす技術」
 
・・・
 
自分が自分に対して「当然」だと捉えているセルフイメージと、ズレた場に身を置いてしまったときの、なんとも言えない居心地の悪さって、ありますよね。
 
たとえば、異性のトイレに間違えて入ってしまった感じとか(笑)そんな、違和感・場違い感。
 
つまり、一刻も早く、その場から離れたい衝動・何としても現状を変えようとするエネルギーの発動を、上手く活用できる方法=アファメーションやイメージングの実践です。
 
仕事の成功と人間関係好転のためのアファメーション例文と音源
自分に関する肯定的な言葉:アファメーションを、習慣的にインプット
 

 
繰り返し入ってくる情報=重要なもの
として脳内で処理され、その言葉とイメージに親しむほど、それを現実だと思い込むようになる
 

 
アファメーションで言語化された「望むイメージ」と、現状との「差」が居心地の悪さとして感じられるようになる
 

 
何としても現状を変えようとするエネルギーの発動
 
つまり、望むイメージのほうへ現実を近づけるために、潜在意識の莫大な力が働いてくれるのですね。
 
望みを叶える助けになってくれる人や物、情報等との出会いに恵まれるなど、アファメーションやイメトレを上手く活用するほど、望むイメージを現実化するシナリオが着々と進行するようになります。
 

効果的な実践のためのポイント

 
アファメーションで表現されている言葉とイメージに、「そうであったら幸せだな~」と、リラックスした心地良さを抱いてみましょう。
 
無理に強く思い込もうと力が入るのは逆効果です。
 
心地良さを感じられるアファメーションを選び、そのイメージを楽しむことを日々続けるごとに、そのイメージに沿った変化が現実生活のなかに見え始めます。
 
今回のアファメーション音源も、ぜひホッと力が抜けた心地良いリラックス感とともに味わってみてくださいね♪
 

大切なのは願望成就後のイメージの臨場感

 
悩みや問題を感じていて、現状が「嫌だ!」というときには、「じゃあ、かわりに望むのは?」と、
 
問題のほうにフォーカスするかわりに、望むイメージにリアリティを感じてみる
 
ことが、現状改善を強力に助けてくれます。
 
 
今の仕事や人間関係に不満がある現状だとしたら、「今が、嫌!」→「じゃあ、かわりに望むのは?」
 
・・・
 
人々と円満に協力しながら大好きな仕事で人を幸せにし、エネルギーに満ちている自分
 
といった、望ましいイメージをリアルに強めてみることが、望まない現実と縁を切る重要な一歩になります。
 

 
現実として目の前に現れてくるのは、私たちが「心から信じること」
 
ですから、「現実にしたいこと」に関して意識的になり、言葉で表現してみて、リアルなイメージをリラックスしたコンディションのなかで深めていくことが本当に大切なのですね…☆
 

潜在意識と心の声の働き

 
私たちは、人と会話していないときも無意識のうちに、心のなかで一日数万回も「呟き」を繰り返しているのだといわれます。
 
特定の悩み事・考え事に限らず、
 
「あの人、機嫌悪いのかな」
 
「今日の〇〇さんの服いいな~」
 
などなど、誰かに対してなんとなく抱いた印象も、はっきり意識には昇らない場合も瞬時に心のなかでは「呟き」が行われていて、その後の行動に影響を及ぼしてきます。
 
・・・
 
例えば、「あの上司、今日は一段と機嫌悪そう。関わりたくないな」
 
と心のなかで瞬時に呟かれたことを、頭では意識していなかったとしても、その上司が自分のほうに近づいてきたとき、なんとなく嫌な空気を感じるな~、と思ったタイミングで、
 
うわっ、お茶をこぼした!ぞうきん取りに行かなきゃ
 
・・・
 
慌てているうちに、その上司は去っていった。そんなふうに、潜在意識は予想外の手段を導きだして、心をストレスから守ってくれたりもします。
 

仕事と人間関係の好転アファメーション・おわりに

 
先ほどの上司の例では、「機嫌悪い相手との会話から逃げることができてラッキー」と表面的には思えますし、過剰なストレスは健康に悪影響なので、
 
生命維持の観点からも「良かった」と、その時点では捉えられるかもしれません。
 
とはいえ、長いスパンでの成功や成長という視点を持つ人は、
 
「安全確保だけが、人生のゴールで、本当に満足ですか?」
 
という問いに、いつか直面することも
 
・・・
 
たとえば、「逃げることができたから、ラッキー」という思い方しか持たない場合、
 
「あの人とは、会話が不愉快になりがちだけど、自分とは全然タイプが違う相手だからこそ、新しいアイディアが引き出せるかも」
 
など、もう少し人生全体を俯瞰したクリエイティブな視点で考える機会には恵まれません。
 
一見ネガティブに感じる体験のなかから、自分がより成長できるチャンスを掘り出すには、
 
「ほんの少し居心地の悪い体験」
 
に対してオープンになることも大切なようです(無理のない範囲で)
 
・・・
 
アファメーションやイメージングは、願望実現の強力な技術として知られますが、表面的に憧れを感じることでも
 
「実は自分の本当の望みではないこと」に関して言葉で唱えたところでイメージも感情も深まりませんから、効果は期待できません。
 
実践を始める前には、自分自身の本当の望みとは?と、内面深いところに改めて向き合ってみることが欠かせない準備になります。
 
ご自身の内面と向き合ううえで、自分と向き合う・人気記事一覧も、ご参照ください。
 
今日も、本当にありがとうございます。
それでは、また
( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

おすすめ記事